アメリカ株の売買方式は「オークション方式」と「マーケットメイク制」の2種類あります。

1:オークション方式

ニューヨーク証券取引所では「オークション方式」という方式が採用されています。
個々の注文を持ち寄り、条件があったものから売買を成立させる方式で
日本の東京証券取引所でも同様の売買方式が採用されています。

2:マーケットメイク制

ナスダックでは「マーケットメイク制」という方式が採用されています。
常にそれぞれの銘柄に対し、マーケットメーカーという人がいて、
マーケットメーカーが売買に応じることのできる売買の値段を提示し、
条件のあった注文に応じて売買を行う方式です。

なお、アメリカ株の基本でも紹介した値幅制限が無いということが深く関係しており、
大きな売買が起きると売買方式によっては大きな上下が生まれるという現象があります。
ただ、あまり気にすることはないでしょう。