アメリカ株ドットコム

イミュノセルラー・セラピューティクス ×

株価速報

オススメ情報

同じ業種の株価上昇銘柄ランキング

同じ業種の時価総額が同付近の銘柄リスト

メディグス2.32-6.07 %600万ドル

アトッサ・ジェネティクス0.4929+0.08 %579万ドル

バイオスター・ファーマシューティカルズ1.83+0.00 %508万ドル

リッター・ファーマシューティカルズ0.3515-2.31 %507万ドル

ネオセティクス1.72+104.76 %747万ドル

同じ業種の取引量上位ランキング

トランスエンテリックス4+18.34 %1.36億売買

ネオセティクス1.72+104.76 %6156万売買

ライト・エイド1.81-4.23 %2374万売買

テバ・ファーマシューティカルズ・インダストリーズ14.74-0.07 %1450万売買

ファイザー36.2+0.75 %1391万売買

企業情報

IMUC

イミュノセルラー・セラピューティクス

ImmunoCellular Therapeutics, Ltd.

シンボルIMUC

業種医療・化学・ヘルスケア

証券市場NYSE MKT

時価総額602万ドル

イミュノセルラー・セラピューティクス(ImmunoCellular Therapeutics, Ltd.)は、カリフォルニア州カラバサスに本社を置く、がん治療のための免疫療法の開発事業を行う臨床段階バイオテクノロジー企業です。


取り扱うがん免疫療法は、腫瘍の成長と疾患再発の原動力となるがん幹細胞(CSC)を標的としています。製品候補には、第III相試験中のICT-107があります。さらに、がん治療のためのさまざまなアプローチを使用する治療免疫療法のポートフォリオも所有します。そのほかの製品候補には、ICT-140とICT-121があります。ICT-107は、脳腫瘍の一つで、新たに診断された多形性グリア芽細胞腫(GBM)治療のための樹状細胞ワクチンです。ICT-140は、卵巣癌細胞で発現される7つの腫瘍関連抗原を標的とする樹状細胞ワクチンです開発するICT-121は樹状細胞ベースのワクチンで、再発性多形性グリア芽細胞腫とそのほかの固形腫瘍(卵巣癌、膵臓癌、乳癌など)の治療でCD133+ CSCを標的とします。

取り扱い証券会社

  • エイト証券
  • IronFX

財務情報

2017年 6月 決算

貸借対照表

総資産 481万ドル

負債合計 775万ドル

資本合計 -294万ドル

損益計算書

販売費及び一般管理費 898万ドル

当期純利益 -361万ドル

キャッシュフロー計算書

純営業キャッシュ・フロー -345万ドル

フリー・キャッシュ・フロー -345万ドル